柚葉の本来の目的は何?使用料や動画保護?!3つの可能性を調査

柚葉 本来の目的 何

「ゆっくり茶番劇」という文字を商標登録した柚葉さんですが、23日付で抹消登録申請を行ったことを報告!

「本来の目的を果たせなくなったため」という理由のようですが、本来の目的とはいったい何なのでしょうか?

今回は、柚葉さんが「ゆっくり茶番劇」を商標登録した本来の目的について調査していきたいと思います!

ゆっくり茶番劇|柚葉が「本来の目的」を果たせなくなり商標抹消を申請!

柚葉さんが、「ゆっくり茶番劇」を商標抹消を申請しました!

ツイッターで柚葉氏は「関係者各位」とし、「商標『ゆっくり茶番劇』(登録第6518338号)について令和4年5月23日付で下記の通り抹消登録申申請を行ったことを公表する(原文ママ)」と記した。

その「事由」として「 関係者等に対する誹謗中傷及び名誉棄損・虚偽・捏造された情報の流布により本来の目的を全うすることが困難となった為」とした。

引用:オリコンニュース

問題が表面化してからも、Twitterなどで煽るような発言をしていたことでも知られる柚葉さん。

しかし「本来の目的」を果たせなくなったことから商標抹消を申請したのだとか。

この「本来の目的」とは何?という声がネット上で物議を醸しています!

いったい、柚葉さんの言う「本来の目的」とは何なのか?次で詳しく見ていきましょう!

柚葉の「本来の目的」とは何?

柚葉さんの「本来の目的」が何なのかは、残念ながらわかっていません!

柚葉さんが「ゆっくり茶番劇」を登録した後どんなことがしたかったのかは、公表していません。

ネット上では、いくつかの憶測がされているようです。

順番に見ていきましょう!

①使用料

圧倒的に多かったのは、「本来の目的=使用料の搾取」であるという考え方!

②動画保護

「本来の目的=茶番劇の保護」では?という意見もありました!

③売名行為

少数派ですが「本来の目的=売名保護」では?という意見もありました!