「強く非難する」の意味は?政府は何か行動してる?「遺憾」との使い分けも解説

外国から飛来物が飛んできたり、領空や領土を侵犯された時、「強く非難する」という言葉を使いますね。

よく使いますが、どんな意味なのでしょうか?

何か行動を起こしているのかも気になります。

今回は、

  • 政府がよく言う「強く非難する」の意味は?
  • 何か行動に起こしてるのか?

について、調査していきたいと思います!

政府が言う「強く非難する」は意味って何?

国会

政府が言う「強く非難する」というのは、

「相手国の行動を許さない」という意思表示

という意味を持ちます。

「強く非難する」と言わなければ、

次もやっていいんだ

ということになってしまいますね。

そもそも日本は、

  1. 個別的自衛権を発動
  2. 防衛出動を発令

という手順を踏んで、はじめて武力行使が可能に。

また、むやみやたらに武力行使を乱用・濫用しないために、要件をもうけているのです!

よほど日本国内に危険が及ぶ事態でなければ、

  • 強く非難する
  • 誠に遺憾である

といった言葉で、抗議の意を示すことになります。

「強く非難する」と言った時の政府の行動は?

机の上

基本的に、「強く非難する」と言った時の政府の行動はこちら。

  • 日本、アメリカ共に「強く非難する」旨の声明を会見で発表
  • アメリカの国家安全保障担当と会談する

例えば北朝鮮が暴挙に出た2022年10月4日では、

  • 日本政府、米国家安全保障会議の報道官が「危険で無謀な決定を強く非難する」との声明を出す
  • サリバン米大統領補佐官と日韓両国の国家安全保障会議の責任者とそれぞれ電話会談

という動きが取られました。

相手国に直接行動を起こすというよりは、

味方同士の結束を深める

といった感じでしょうか…