【君に届け】ドラマ版がイメージと違いすぎ!三浦春馬が最強すぎる?!ネットの声まとめ

「君に届け」がNetflixでドラマ化されると発表がありました!

しかし、ネット上では「イメージと違いすぎる…!」という声が続出。

なぜ、このような声が多く挙がるのか、気になりますね!

今回は、「君に届け」ドラマ版がイメージと違うというネットの声まとめや、そのように言われる理由を見ていきましょう!

「君に届け」ドラマ版がNetflixにて制作決定!

2022年9月7日、「君に届け」のドラマ版がNetflixにて制作されることが発表されました!

  • 風早翔太:鈴鹿央士
  • 黒沼爽子:南沙良

という2人のキャストも発表されました。

2010年に三浦春馬さんと多部未華子さんで映画化された「君に届け」!

それほど人気のある作品なのでしょう。

イメージと違いすぎる!との声が続出!

高校生

しかし、ネット上では、イメージと違いすぎる!という声が続出しています!

なぜ、ここまでドラマ版に対して「イメージと違いすぎる!」と言われているのか?

次で詳しく見ていきましょう!

「君に届け」ドラマ版がイメージと違うと言われる理由は?

「君に届け」ドラマ版がイメージと違うと言われる理由はこちら!

①役とキャストがあってない

高校生

「君に届け」ドラマ版がイメージと違うと言われる理由1つ目は、役とキャストのイメージが違うこと!

風早翔太はイケメンで爽やかなイメージがありますが…

三浦春馬さんに比べて鈴鹿央士さんはその要素が足りない、なんて声が。

風早くんは、爽やかで、学年で男女問わず人気者で、噂を全く気にしないクラスメイト。

爽子は見た目が暗く、長い黒髪のせいで「貞子」とあだ名がつく役柄。

そのイメージに対し、鈴鹿央士さんと南沙良さんがかわいすぎて、イメージと違う、という声も!

鈴鹿央士さんも南沙良さんもなんとなくイメージと違うんだよなぁ…という声がありました。

②三浦春馬・多部未華子が最強すぎる

女子高生

「君に届け」ドラマ版がイメージと違うと言われる理由2つ目は、三浦春馬さん・多部未華子さんがイメージとぴったりだったこと!

三浦春馬さんほど風早翔太が似合う人はいない!という意見が!

「花より男子」の花沢類を小栗旬さん以外がやるのと同じくらい違うという考えのようです。

「君に届け」の思い入れが他とは違うからこそ、実写はやっぱり三浦春馬さんと多部未華子さんしか無理!という声も!

三浦春馬さんと多部未華子さん以上がいないから、ドラマ版はイメージと違う!という意見のよう。

多部未華子さんのスカート丈が短かったこと以外、「君に届け」映画版はイメージとぴったりだったという意見が。

鈴鹿央士さんと南沙良さんはやはりなんか違う!と思っているようです!

「君に届け」ドラマ版の配信時期はいつ?

「君に届け」のドラマ版の配信時期は、2023年3月からNetflixで配信予定!

時期を見るに、撮影はすでにはじまっていそうですね!

賛否両論ある「君に届け」ドラマ版ですが、キャストが違えばまた違う味が出て面白い可能性も。

しかも映画と違って尺が長いので、映画では見られなかったエピソードも見られるかも?!

配信を楽しみに待ちましょう!