芸能事務所フリークのブラック誓約書とは?告発内容まとめ!

ライブアイドル業界の最大手事務所・フリークが炎上していますね。

かなりボリュームのある告発内容なので、どんなことを告発されているのか?まとめが気になります!

今回は、事務所フリークのブラック誓約書についてや、告発内容をまとめて見ていきましょう!

フリークのブラック誓約書を小咲ののが告発!

小咲のの

ライブアイドル業界の最大手事務所・フリークを、所属アイドルである小咲ののさんが告発しました!

その社長をつとめる小口馨氏が、自社の未成年アイドルに対して、一方的な契約書・誓約書にサインをさせたうえで100万円を超える金銭を請求していたことが文春オンラインの取材でわかった。

引用:文春オンライン

フリークは、社長である小口氏が自社の未成年のアイドルに対し、

  • 一方的な契約書や誓約書にサインさせる
  • 100万円を超える金銭を請求する

などの行為をしていたと告発されています!

大人でも困りそうなのに、未成年にこういった内容を突き付けるのは酷ですね…

小咲ののさんがフリークについて告発した内容を、次でもっと詳しく見ていきましょう!

フリーク告発内容をまとめ!

さっそく、フリークがどんな内容で告発されているのか?内容を1つずつ確認していきましょう!

①契約書の内容が厳しい・行き過ぎた高額請求

フリーク告発1つ目は、契約書の内容が厳しすぎるということ。

内容は以下の3つ。

フリーク 炎上 まとめ

  • 契約期間は1年間ごとの自動更新で、契約を解除するには契約満了の120日前に申告が必要。
  • SNSの書き込みや私生活は事務所が厳しく管理し、連絡が取れなくなる、遅刻、虚偽の発言があった場合はギャラの停止や減額、損害賠償の対象。
  • ファン、メンズモデルや一般人であっても男性との交際は禁止。過去のプライベート画像が流出した際は本人だけでなく、(流出にかかわった)関係者も処罰、損害賠償の対象となる。(200万円以上)

フリークの代表取締役の小口氏いわく、「ファンとの距離」が大事ということですが…

  • 「恋愛禁止」を謳っている事務所でも、契約書に書かれることはまずない
  • 高額な罰金制度もやりすぎ

というような意見が、芸能関係者や弁護士から挙がっています!

②足を疲労骨折しても特典会に強制参加

小咲のの

フリーク告発2つ目は、足を疲労骨折しても特典会に強制参加させられたということ。

今回フリークからの被害を告発した小咲ののさんが、『#PANnana』のメンバーとしてステージデビューを果たすも…

  • ライブがある日の朝は始発で家を出る
  • リハーサルをしてライブや特典会をすると夜になっている
  • 週2回のレッスンも18時半から23時までで、帰りはほとんど終電

という毎日。

階段から落ちて足を捻挫してもライブやレッスンを休ませてもらえなかったそう!

小咲のの

そんな過酷な日常の中で、小咲ののさんは足を疲労骨折。

しかしフリークの小口氏は…

特典会だけでも出ろ

と松葉杖での参加を強制したそう!

当時の『#PANnana』は小咲ののさんが稼ぎ頭。

月に300万円くらいは売り上げが見込めるから休ませるわけにもいかないという事情があったそうですが…

あまりに過酷だという声が挙がっています!

③30曲の振り付けを1か月で覚えさせる、できない場合は脅しも

小咲のの

フリーク告発3つ目は、30曲の振り付けを1か月で覚えさせようとし、できないことに対して脅しをかけていたということ。

小咲ののさんは『#PANnana』を辞めたいと直談判するも受け入れられず、

妹グループ『ネコプラ』への移籍を余儀なくされました。

しかし

  • 30曲以上ある『ネコプラ』の曲の振り付けを約1カ月で覚えるよう指示
  • レッスンでなかなか踊れるようにならないとフリークの小口氏が激怒

という厳しい状況で、小咲ののさんの体はもたなくなってしまったとのこと。

『何でお前はそんなに覚えが遅いんだ』『お前を引き抜いた僕の顔を潰さないでくれ』『何なら減給してもいいんだぞ』とすごむんです。

引用:文春オンライン

未成年には酷なやり方では?という声もあがっているよう…

④休みが少なすぎ

小咲のの

フリーク告発4つ目は、休みが少なすぎること!

娘の2月の休みは1日だけでした。LINEで連絡を取っていましたが、娘は明らかに精神的に参っている様子でした。

引用:文春オンライン

小咲ののさんの2月の休みはなんと1日だけだったそう。

LINEでの親子のやり取りでも、小咲ののさんの様子は明らかに変だったのだとか…

フリーク社長に休養の相談をしても

自分は早稲田大学の法学部をでているから法律には詳しい

と聞く耳をもってもらえなかったのだとか…

ライブの予定は自分だけでコントロールできないだけに、フリーク自身がしっかり休みを管理しなければならないところですが…

小咲ののさんはそれを超えて労働させられることが多かったようです!

⑤ずさんなコロナ検査への対応

小咲のの

フリーク告発5つ目は、ずさんなコロナ検査への対応をしていたこと!

2月に娘が40度の熱を出したときもPCR検査をなかなか受けさせてもらえず、抗原検査で陰性になると、熱は下がっていないのにステージに出されたこともありました。

引用:文春オンライン

コロナの疑いがあってもPCR検査を受けさせてもらえず、陰性が判明すると、熱があってもステージにあげさせられたのだとか!

具合が悪そうにしている人を、このご時世でステージに出すのは問題ですね…

⑥父親の一周忌に出させない

小咲のの

フリーク告発6つ目は、父親の一周忌に出させないこと!

小咲ののさんのお父さんは白血病で2021年に亡くなっているようですが、その時はコロナ禍で寂しい葬儀だったので、一周忌はしっかりやりたいという願いがあったそう。

小咲ののさんも1カ月くらい前から、1周忌の当日とその前日を休みたいとマネージャーに伝えていて、事務所も一度は『わかった』と納得してくれたとか。

しかし前日に結局仕事が入り、まともに一周忌に参加できなかった小咲ののさん!

フリークの社長からは

親の死に目にあえない、こんなことは日常茶飯事です

などのLINEが届いていたのだとか!

小咲のの

16歳の少女には酷な話ですね…

⑦クビ宣言した後も執拗に追いかける

小咲のの

フリーク告発7つ目は、契約を守らずクビ宣言した後も、執拗に追いかけること!

小咲ののさんがフリークからの数々の仕打ちに耐えかねて連絡を絶ち、公式Twitterで「小咲のの脱退のお知らせ」が投稿されると、小咲ののさんはほっと一息。

小咲のの

しかし、その後別のイベントの仕事に行くと、フリークの社長が待ち構えていたのだとか!

小口社長は私の顔を見ると『何で僕たちの連絡は返さずこちらに出るんですか?』『潰しにくるとは思わなかったんですか?』というようなことを冷たい声で言いました。

引用:文春オンライン

もはやホラーです…

どうやらイベント主催者がフリーク社長と近い関係で、小咲ののさんが参加することを知ったそう。

そして「クビになったと思いました」と伝えた小咲ののさんに、

あなたはまだフリークの人間です

といい、その場で作成した誓約書にサインさせたのだとか!

内容は…

  • フリークに対して損害を与えた非を認め謝罪する
  • これまでの経緯を他言しない
  • 2023年4月5日まで契約を続ける
  • 損害賠償として110万8250円の支払いをする

やはり16歳の少女には過酷すぎる内容ですね…

フリーク告発に対するネットの声は?

ここで、小咲ののさんのフリーク告発に対するネットの声を見ていきましょう!

前々からフリークの噂を聞いていた人にとっては、そんなに驚くことじゃない、という声が。

フリークの噂は聞いていたけれど、告発されるほどひどかったとは!という声もありました。

フリークがつぶれてしまえばいいと思う反面、そこで頑張ってるアイドルもいるから、一概にそうともいえない、という声も。

元々フリークが業界権力があること、他の事務所も変わらないことをしているのでは?という思いから、そんなに影響はないのでは?という意見もありました!

何はともあれ、所属するアイドルの皆さんが気持ちよく活動できるようにしてほしいですね。