画像|どうする家康の馬のCGがひどい!なぜCGにしたの?合成担当は誰なのかについても

1月8日にスタートした松本潤さん主演のNHK 大河ドラマ「どうする家康」。

初回の第1話放送開始後、ネット上では「馬」のCGシーンが話題になりました。

今回は

  • 「どうする家康」の馬のCGがひどいという世間の声まとめ
  • 馬はなぜCGなのか?
  • CG担当は誰?

といったことについて調査していきたいと思います!

どうする家康の馬のCGがひどい!

「どうする家康」の中のCGの馬が「安っぽい」「なんか違和感がある」「CGがひどい」と不評のよう!

CGの馬がひどすぎるとの声や…

岡田准一さんは馬に乗れるんだから、CGの馬にしないでほしかった!との声も。

実際に使われたCGシーンです。

今回「どうする家康」の大河ドラマでは、新たな取り組みとして最新のCG技術、VFX(視覚効果)を使っています。

最新技術のVFXは、ワイヤーアクションのワイヤーを消したり、馬に乗っているような映像に加工することができます。

現実に存在するものを消したり、逆に存在しない「馬」をいるようみにせたりすることができる映像技術です。

CGはゲームキャラクターのように1からコンピュータで作られたものになります。

第1話ではVFX技術が使われていることにより、馬の映像が加工されているので、映像が変に思った人も多かったのではないでしょうか。

静止画で見る分には全く違和感はないのですが、実際に放送された映像をみると馬の疾走感と背景があっていないのが、第1話をみていた視聴者からは、不評の声があがってしまったのでしょう。

一体なぜそこまでしてCGにしたのか?

詳しく調べました。

どうする家康の馬はなぜCGなの?

なぜ馬をCGにしたのか?気になる理由をさっそくみていきましょう!

①松潤が馬に乗れないから

今回の大河ドラマ主演を務めている松本潤さんですが、松本さんが馬に乗っているシーンにCGがたくさん使われていることで、ネットでは《松潤が馬に乗れないから?》という噂が流れています。

馬などが使われる大河ドラマは、本来なら役者さんたちの乗馬シーンも見どころの一つですよね。

それなのに馬に乗っているシーンが不自然なこともあり、違和感を抱いた方も多いのではないでしょうか。

しかし、松本さんが馬に乗れないと言ったこの噂は事実がないため全くのデマ情報です。

松本さんは今作のために1年前から乗馬の練習をしていたようです。

松本さんのファンの間では、馬に乗れるといったツイートをしている人がたくさんいました。

実際に馬に乗っている姿は見れるのか?第2話以降に期待です!

②動物愛護の意識が強くなっているから

最近は、動物愛護の意識が強くなっているためCGにしたのではないのか?と言われていますが、実際はどうなのか。

NHK によると、今回CGにすることで撮影で動物たちに無理をさせないという意図がありました。

2021年には、韓国で「太宗イ・バンウォン」という時代劇の撮影中に、俳優が落馬するシーンで馬が死んでしまう事故がありました。

韓国でのこの事件もあり、今回の大河ドラマでも大きく影響しているのではないでしょうか。

このシーンを撮影する際、馬の後脚がワイヤーで縛られていたことがわかり動物愛護団体から非難の声もあがりました。

本物の馬を使わないことで動物に対して配慮ができるので、動物にとっても良い影響を与えるでしょう。

ネットでも動物愛護のためなのかな?と思う人もいるようです。

③馬を手配する予算がなかった!?

ネットでは馬を手配する予算がないからCGなのか?という声もありました。

実際のところ、そのような情報は一切ありませんでした。

視聴者からは、馬の動きや表情が同じだからつまらない、寂しいなどの声も上げられています。

どうする家康のCG担当は誰?

CGに対してこれほどたくさんの批判があるなか、どうする家康のCG担当は誰なのか?気になるところです。

制作担当は、ドラマ冒頭のクレジットにも名前が出ておらずわかりません。

ですが、最新技術のVFXの担当は会社名ではなく個人名で表示されていました。

第1話

  • VFXディレクター 森永 孝治
  • VFXコーディネーター 石原 渉
  • VFXスーパーバイザー 髙松 幸広

森永さんは、これまでの大河ドラマだと

  • 「平清盛」
  • 「八重の桜」
  • 「晴天を衝け

」などをはじめとする数々のドラマのCGやVFXを担当されています。

森永さんはCGをやりたいのがきっかけにNHKに入社したとか!

もしかしたら、CG制作も森永さんらが担ってるのかもしれませんね。

どうする家康のCG意外と気にならないとの声も

早くもCGに批判があつまりましたが、その一方で意外とCGが気にならないとの声も上がっていました。

撮影も順調に進んでいるみたいです。

2023年1月にスタートした松本潤さん主演の「どうする家康」。

CGも最新の技術を駆使した映像で大河ドラマの壮大な雰囲気も出ていますよね!

松本潤さんの徳川家康をこの1年間でじっくりと見守っていきたいですね!

どうする家康に関する他の記事はこちら↓

山田裕貴と松本まりかは熱愛関係?!共演ドラマ多数でお似合いとの声も

山田裕貴の出身地は?地元は愛知県名古屋市千種区?!出身中学高校も